よくあるお問い合わせ|機密文書・機密書類・溶解処理のことなら株式会社ワタコー

未来のために、みんなで創ろう!リサイクル社会。機密文書溶解処理.com

機密文書・機密書類の溶解処理は株式会社ワタコーにお任せください。溶解処理の様子を映像で確認できる溶解動画サービスも無料でご利用いただけます。

株式会社ワタコーまでお気軽にお問い合わせください

株式会社ワタコーまでお気軽にお問い合わせください

TEL 03-3885-6298

営業時間 9:00〜17:00(月〜金)

トップページ 機密データ消去 機密文書溶解処理 古紙リサイクル お問い合わせ
よくあるお問い合わせ
 お客様からよくいただく、「機密文書溶解処理サービス」に関するお問い合わせ内容を以下にまとめました。本ページは随時更新しておりますが、ご不明な点がありましたら、お気軽に お問い合わせフォーム またはお電話(03-3885-6298)にてお問い合わせください。
  1. 依頼してからどの位で回収に来てくれますか?
  2. 回収地域はどこまでですか?
  3. 料金はいくらぐらいですか?また、見積りは無料ですか?
  4. 機密文書を入れるダンボール箱はどのような物でも良いのですか?
  5. 書類にバインダーやクリアファイルなどが混入している場合、除去する必要はありますか?
  6. 機密文書以外のフロッピーディスクや、CD−ROM等もダンボール箱の中に入れても良いのですか?
  7. 機密文書の溶解処理現場に立ち会って確認することは可能ですか?
  8. 機密文書の溶解証明書は発行されますか?
  9. 場所の関係上、沢山の機密文書を保管できないのですが、少量でも回収に来る事ができますか?
  10. 保管場所から車に積み込む所まで、距離が離れているのですが大丈夫ですか?
  11. 機密文書を、ダンボール箱に詰めていないのですが、回収してもらえますか?
  12. 機密文書の溶解処理と焼却処理の違いは何でしょうか?
  13. 回収後の機密文書をどのように管理していますか?
  14. 機密文書をシュレッダーにかけてゴミとして出していますが、問題はありませんか?
  15. 同業他社に比べて価格が安いのですが、何か違いがあるのでしょうか?
  16. 個人なのですが、回収を依頼をすることは可能でしょうか?
  17. ホームページに掲載されているPDFファイルを開くことができません。
Q01  依頼してからどの位で回収に来てくれますか?
A01  お客様のご希望の日時を伺ったうえで、ご希望の日時に回収できるように調整し、お電話またはメールにて折り返しご連絡いたします。
トップへ戻る
Q02  回収地域はどこまでですか?
A02  基本的には東京都内23区とその近郊の地域です。近い地域ほど少量でも対応できますが、遠方になるほど、それに伴う交通費が発生いたします。詳しくは お問い合わせフォーム またはお電話(03-3885-6298)にてご相談ください。
トップへ戻る
Q03  料金はいくらぐらいですか?また、見積りは無料ですか?
A03  当社ではお客様のさまざまニーズに合わせて3つの溶解処理コースをご用意いたしております。各溶解処理コースの料金体系については、機密文書溶解処理サービス のページをご覧頂くか、お問い合わせフォーム またはお電話(03-3885-6298)にて、お気軽にお問い合わせください。もちろん、お見積もり(PDF形式でのご提示)は無料ですので、お気軽にご相談ください。
トップへ戻る
Q04  機密文書を入れるダンボール箱はどのような物でも良いのですか?
A04  はい、ダンボール箱のサイズや重さはお客様の良識の範囲でお任せしております。当社専用のダンボール箱もご用意できますが、有償となります。よく使用される例としては、みかん箱位のダンボール箱(A4サイズのコピー用紙が横2列に入る大きさ)などが多く用いられています。なお、担当員一人で持ち運べないようなサイズや重さのダンボール箱に詰めたもの、ダンボール箱以外(ビニール袋等)に詰めたもの、機密文書類がむき出しの状態のものは回収をお断りする場合がございます。
トップへ戻る
Q05  書類にバインダーやクリアファイルなどが混入している場合、除去する必要はありますか?
A05  当社の機密文書溶解処理サービスは、紙のリサイクルを前提としているため、基本的には紙以外の物(バインダー、クリアファイル等)の混入は、紙として再生できる範囲の量でお願いいたします。紙1枚ごとにクリアファイルを使用しているなど、紙の割合が少ない場合は溶解処理に向いていません。そのような書類に関しては焼却処理で対応できますので、お問い合わせ時にご相談ください。
トップへ戻る
Q06  機密文書以外のフロッピーディスクやCD/DVD、MO、ビデオテープ等の記録媒体もダンボール箱の中に入れても問題ありませんか?
A06  フロッピーディスクやCD/DVD、MO、ビデオテープ類の記録媒体は溶解処理が行えませんので、混入させないください。万が一、混入していた場合の情報漏洩に関しましては、当社では一切の責任を負いません。また、大量に混入していた場合、返却させていただく場合もございます。
トップへ戻る
Q07  機密文書が確実に溶解処理されるのを自分の目で確認したいのですが、溶解処理現場に立ち会って確認することは可能ですか?
A07  はい、可能です。ただし、事前のご予約別途料金5,000円(税込) が必要となります。
トップへ戻る
Q08  機密文書を溶解処理したことを証明する溶解証明書は発行されますか?
A08  溶解処理完了後に製紙メーカーより発行される溶解証明書(PDFファイル)をメールにてご案内いたします。なお、書面(原本)での発行をご希望のお客様は、有償にて承ります。
トップへ戻る
Q09  スペースの関係上、たくさんの機密文書を保管できないのですが、少量でも回収に来る事はできますか?
A09  はい、可能です。料金に関しては お問い合わせフォーム またはお電話(03-3885-6298)にてお気軽にお問い合わせください。なお、スペースをとらずに廃棄する機密文書類を保管できる 機密BOX回収コース もご用意いたしておりますので、廃棄する重要な機密文書類の保管スペースにお困りのお客様はお気軽にご相談ください。
トップへ戻る
Q10  保管場所から車に積み込む所まで、距離が離れているのですが大丈夫ですか?
A10  駐停車取締りが厳しい現状では、駐車スペースの確保が前提です。お客様のところへの回収は、基本的に一人乗務で行います。安心して回収作業が行えるよう、駐車スペースの確保をお願いいたします。確保が難しい場合は、搬出作業等のお手伝いをお願いする場合がございます。
トップへ戻る
Q11  機密文書を、ダンボール箱に詰めていないのですが、回収してもらえますか?
A11  機密文書は、企業の機密情報や個人情報の漏洩の観点から、人目につきにくい場所で誰もが自由に手の届くことがないように保管する物と考えております。よって、むき出しとなっている状態の機密文書は回収することはできませんので、必ずダンボール箱にお詰めください。
トップへ戻る
Q12  機密文書の溶解処理と焼却処理の違いは何でしょうか?
A12  溶解処理とは、紙を溶かして板紙やトイレットペーパー等の紙製品の原料を製造する処理のことです。これは貴重な紙資源を活かして、リサイクルするということになります。焼却処理とは区の清掃工場へ搬入し、焼却することです(焼却の際に二酸化炭素や有害なダイオキシンが発生するため、地球環境にやさしくありません)。再生に向かない紙ごみ(ビニール張りなど )はこの方法しかありませんが、資源として再生できる物は地球環境にやさしい溶解処理でリサイクルすることを当社ではお勧めいたします。
トップへ戻る
Q13  回収後の機密文書をどのように管理していますか?
A13  機密文書の回収日から溶解日までの間は、セキュリティーシステム付機密文書回収専用車、セキュリティ監視カメラを設置している自社倉庫にて管理・保管いたします。
トップへ戻る
Q14  機密文書をシュレッダーにかけてゴミとして出しているんですが、問題はありませんか?
A14  問題があります。現在、シュレッダー技術には複数の種類が存在し、方法によっては復元が可能なため、シュレッダーを選ぶ際には細心の注意が必要です。単に紙を細長くカットするだけでなく、更に短くする事で復元を困難にするクロスカットというものと、それよりももっと細かくするパーティクルカットという技術のものが存在します。ただし、あまり細かくシュレッダーをかけてしまいますと、紙の繊維を損ないリサイクルができなくなってしまいます。当社では、お客様の手間と無駄なコスト(人件費・シュレッダーの維持費)を省くことができる地球環境にやさしい溶解処理が、現時点では最適な方法と考えております。
トップへ戻る
Q15  同業他社に比べて価格が安いのですが、何か違いがあるのでしょうか?
A15  内容物の品質向上(紙以外のものを極力混入しない)へのご協力や、回収時にお客様に便宜をはかっていただくことにより、その分を価格という形でお客様に還元しております。もちろん、お預かりした機密文書の溶解処理が完了するまでの安全管理には、万全を期していますのでご安心ください。

例 ビニールやプラスチックなど、溶解処理に向かない紙以外のものを分別して頂く
例 荷物を搬出する手助けをして頂く(箱数が21箱以上、搬出が困難な場所、駐車スペースが無い等)
トップへ戻る
Q16  個人なのですが、回収を依頼をすることは可能でしょうか?
A16  はい、個人のお客様からの回収もよろこんで承ります。お問い合わせフォーム またはお電話(03-3885-6298)にて、お気軽にお問い合わせください。
トップへ戻る
Q17  ホームページに掲載されているPDFファイルを開くことができません。
A17  ADOBE READERの最新バージョンをインストールして再度お試しください。最新バージョンは こちら からダウンロードできます。なお、お客様がご利用されているパソコンの環境により、利用できるADOBE READERの最新バージョンが異なりますので、詳しくは こちら をご覧ください。
トップへ戻る